そばかすってどんなものをいうの?

そばかすには2種類ある!

そばかすとは、主に顔にでき、点々としているシミのことです。顔全体にできることもあれば、頬や鼻といった局所的な部分に目立つようにできることもあります。紫外線の影響でできるシミとは異なっており、大きさは3mm程度と小さいです。境目のはっきりした小さな点々が散らばるようにできるため、目立ってしまうことも多く、女性の悩みの種ともなっています。このそばかすですが、二種類あるのは知っていましたか?一つは先天性のもので幼少期にできるそばかすです。もう一つは大人になってからできるそばかすです。前者は思春期には目立ってしまい嫌な思いをする子どもも多いですが、中には大人になるにつれ消えるものもあります。大人になってからできるものは紫外線の影響を強く受けてしまったためだと推測されています。しかしどちらにも遺伝が影響しているのではないか言われています。

そばかすが濃くなるのはどんなとき?

一度できたそばかすが濃くなってしまうこともあります。原因の一つは紫外線を強く受けることです。そばかすが紫外線を浴びてしまうと、さらに濃くなってしまうと言われています。また、紫外線が原因で、今まではなかった部分に、新たなそばかすができてしまうことも考えられます。紫外線とそばかすは密接な関係にあるため、そばかすの予防や改善には紫外線を防ぐことが大切です。また紫外線は浴びていなくても、肌に強い刺激を与え続けているとそばかすが濃くなるということもあります。そばかすの原因と言われているメラニンは、本来は肌を守るために発生します。そのため肌に刺激を与えているとメラニンが過剰に分泌されてしまい、そばかすが濃くなってしまいます。そばかすが気になるからといって、肌をこするような洗顔をしないよう注意しましょう。