そばかすはこうやってできる!

遺伝的な要素でできる

そばかすは、顔に小さな薄い色の斑点がたくさんできる症状ですが、改善のためにはその原因も知っておきたいところです。
まず、そばかすは子供の頃からできているという人が多いですが、この場合は遺伝的な要素でできていることが多くなっています。
そして、紫外線の栄養で発生するシミのように濃くなるということは少なく、大人になるにつれ薄くなる傾向にあります。
遺伝的なそばかすは、紫外線でできているのではありませんが、紫外線の影響を受けると濃くなる傾向にありますので、やはり紫外線対策はしっかりと行っておきたいところです。
大人になってから色が濃くなる原因としてはホルモンバランスの乱れや間違ったスキンケアなどもあげられます。

そばかすの対策方法を知ろう

そばかすへの対策としては、一時的に目立たなくするのであればコンシーラを使うという方法があります。
しっかりと悩みを解消するのであれば医療機関による治療も検討していきたいところです。医療機関の治療ではまずは塗り薬による治療があげられます。
ハイドロキノンは強力な漂白効果があり、今できているシミやそばかすを薄くするのに効果的です。ハイドロキノンは優れた漂白効果を持っていますが、使用中はいつもより紫外線の影響を受けやすくなっていますので、紫外線対策は丁寧に行うことが大事です。
それから、マシンによる施術も良い効果が期待できます。美容皮膚科や美容外科ではフォトフェイシャルやレーザーによる治療も行われており、高い即効性が期待できますし、これらの治療は肌質の改善にも役立ちます。