レーザー治療でそばかすとさようなら!

そばかすはどうしてできるの?

そばかすは雀卵斑とも呼ばれ、顔の両側の頬に同時に出来る事が一般的です。雀卵斑の名称は、そばかすの見た目が雀の卵の表面にある茶色の模様に似ている事から付けられています。遺伝的な要素で発生するため、幼少期や思春期から現れることが多いようです。白人でブロンドや赤毛の毛髪を持つ人にそばかすは多く現れ、日本人も色白の人がなりやすい体質を持っています。季節的な変化はあまり顕著には出ませんが、稀に紫外線が強くなる時期に長時間当たることで、多少そばかすの色が濃くなることもあります。そばかすを持つ人はそれだけでなく、皮膚の奥深くに太田母斑が混じっていることがあります。日頃の対策としては日焼け止めを冬にもつける事や、日傘を使うようにしましょう。

根本的なそばかす治療は

子供のそばかすはチャーミングな要素ともなりますが、思春期を迎えた女性ならば誰でも気になるかもしれません。そばかすを治療するのであれば、皮膚科などでのレーザー治療や光治療が有効となります。美白剤では色自体は少し薄く出来ますが、見た目に分からないようにはできません。レーザー治療はメラニンを沢山持っている細胞のみを破壊する治療方法で、細胞は再生しないためにそばかすも消えます。ただし細胞を壊すので炎症が出てしまい、レーザー治療をした後に顔が赤くなるダウンタイムが起こります。それでもそばかすは確実に消すことができますし、色の濃さによって多少の差はあるもののレーザー治療を1回行えば殆どの場合は完了します。